地鎮祭について

ロスベルガーテントを使用した新しい型の地鎮祭
パイプテントで行う地鎮祭

地鎮祭とは?

地鎮祭(じちんさい・とこしづめのまつり)とは、土木工事や建築等で工事を始める前に行い、土地の神様を鎮め、工事の無事を祈願する儀式のこと。これには神式と仏式がある。一般的には、神を祀って工事の無事を祈る儀式と認識されており、安全祈願祭、土祭り、地祭り、地祝いと言われる場合がある。

地鎮祭の式次第

以下は、一般的な地鎮祭の流れを示した式次第です。ご神職様により、文言は変わって参りますのでご了承下さい。


◆1:手水の儀(てみずのぎ)【心身を清める】
右から
1.手水桶
2.柄杓
3.零(こぼし/手水受)
4.拭紙(半紙)
5.拭紙入

神事会場入口に用意された手水桶から柄杓で水を汲み、手を洗い、口をすすぎます。
その後、拭紙で手をふきます。
手水役には二人一組で当たります。一人は桶から柄杓で水をすくい、参列者に注ぎ、参列者は口と手を、零しの上で清めます。もう一人は紙のせ台の 拭紙(半紙)を渡し、参列者は口と手を拭き、紙受けに入れます。


◆2:開式(かいしき)
司会進行係が、参列者が所定の座に着席するのを待って祭典を始める旨告げます。
例)「只今より○○会社○○新築工事地鎮祭を執り行います。


◆3:修祓(しゅばつ) 【罪やけがれを祓う】
神前に於て祓詞(はらいことば)を奏上し、大麻(おおぬさ)で全てを祓い清めます。参列者は、浅い礼をしてお祓いを受けます。
 


◆4:降神の儀(こうしんのぎ) 【神霊を招く】
降神詞を奏上し、祭壇に立てた神籬に、その土地や地域の神様(氏神)を迎え入れる儀式です。参列者は、深い礼を致します。神職である神主様が声を発して降臨を告げます。

◆5:献饌(けんせん)【神に供物を供する】
降神された神霊に、神饌をお供えする儀式です。
 
 
お酒と水の器の蓋を取り、神様にお供え物を差し上げます。


◆6:祝詞奏上(のりとそうじょう)【加護を祈念する】
神職が祝詞を奏上し、工事の安全、そして施主様の繁栄を神様にご祈願します。詞奏上の間は、軽く頭を下げます。

◆7:切麻散米の儀(きりぬささんまいのぎ)【土地を祓い清める】
又は 四方清め祓いの儀(しほうきよめばらいのぎ)
又は清め払いの儀(きよめばらいのぎ)
敷地(土地)の四隅に切麻きりぬさを撒き、敷地を祓い清めます。

◆8:鍬入の儀(くわいれのぎ) 【守護神を祭る】
この儀式は、施主及施工者が初めてその土地に手をつける意味であり、施主代表者が盛砂に三度鋤を入れる動作を
行う儀式。鍬を入れるとき「エイ、エイ、エイ」と声を出し、盛り砂を崩していきます。鎌(カマ)は設計者・鍬(クワ)は施主・鋤(スキ)は施工業者が行うのが一般的です。鎌(カマ) ? 設計者
鍬(クワ) ? 施主
鋤(スキ) ? 施工業者

◆9:玉串奉奠(たまぐしほうてん)【土地の安定と工事関係者の守護を願う】
神前に玉串を奉り拝礼すること。参列者もこの時に拝礼します。玉串とは、榊の小枝に紙垂(しで)や木棉(ゆう)・麻苧(あさお)をつけて作られたものです。安全を祈ってその思いを玉串によせ、神前に捧げます。?玉串を右回りに回しながら根本を神前に向けてお供えします
?神前に向かって、二拝・二拍手・一拝の作法でお参りします。
(二度深く頭を下げます。二度柏手を打ちます。一度深く頭を下げます)

◆10:撤饌(てっせん)【祭壇から供物を下げる】
神饌を?霊の前からお下げする儀式です。お酒と水の器の蓋をして、神様へのお供え物をお下げします。

◆11:昇?の儀 (しょうしんのぎ)【神籬(ひもろぎ)から神霊が帰る】
神籬に降りていた神をもとの御座所に送り返す儀式です。参列者は、深い礼を致します。
神職が祭壇の前で、拝の姿勢のまま声を発して、神様にお帰りいただきます。

◆12:閉式(へいしき)
司会進行係が、地鎮祭の終了を告げます。
例)「以上を持ちまして○○会社○○新築工事地鎮祭を滞りなく相済みました。」


◆13:神酒拝戴(しんしゅはいたい)【ご神酒を頂戴する】
?様にお供えしていた御神酒を参列者一同かわらけにて頂戴します。
この後一同歓談を交わす直会(なおらい)となります。

TSKでは、シートでの会場看板の製作・設置も承っております。お気軽にご相談ください。

式次第看板例

ロスベルガーテントを使用した新しい型の地鎮祭
パイプテントで行う地鎮祭
地鎮祭実績
インクジェット大判印刷

PAGE TOP