ロスベルガーテント:ロスベルガー社とは?

ドイツに本社を置く『ロスベルガー社』は、1919年の設立以来90年以上にわたり、アルミフレーム製テントの分野において、ヨーロッパをはじめ、世界各国で高い評価を受けています。

ロスベルガーテントの種類は?

屋外コンサートステージのドームや、集会場など、大型のものから、個室として使用できる、小型なもの、ジョイントで通路として使えるものまで様々な種類があります。

サイズラインナップ

サイズ1?【間口 6m・9m・15m、奥行 3mスパンで延長できるタイプ】

サイズラインナップ図面

特徴1

テントの間口は6m・9m・15mですので、施工時に重機を必要としません。施工コストパフォーマンスと時間短縮が可能になります。

特徴2

サイズの変更は自由自在です。間口は6m・9m・15mから選択することができ、奥行きは最少3mから3mスパンで延長することが出来ます。

特徴3

設計風速は、15m(メーカー公表)です。


サイズ2?【間口 20m・30m、奥行 5mスパンで延長できるタイプ】

サイズラインナップ図面

特徴1

サイズの変更は自由自在です。間口は20m・30mから選択することができ、奥行きは最少5mから5mスパンで延長することが出来ます。施工にはクレーンなどの重機が必要となります。

特徴2

設計風速は、20m(メーカー公表)です。

特徴3

1日で約1,000?程度まで施工出来ます。


ロスベルガーテントの特徴

特徴1

中央に柱の無い構造になっていますので、室内での動きを妨げることがありません。

特徴2

柱の無い構造が広い空間を生み出します。圧迫感のない奥まで見通しの良い会場は人の往来も容易で、イベントの盛り上げに一役買うことでしょう。

特徴3

専用フローリング床を使用することにより、雨天時にお客様の足元が汚れる心配がありません。

特徴4

壁面にハードパネル・ガラスパネルを取付けることが出来ます。取り付けは簡単で組み合わせも自由です。

特徴5

独自の密閉率が高い造りで、強風時でも雨の侵入を防ぎます。

特徴6

専用フローリング床を使用すると、床そのものが自重基礎となり、杭打ちができない場所でもウェイトなしで風速15mまで対応可能です。杭打ち可能な場所があればさらに強度が増します。足場が不安定な会場でも、快適で安定したフロアを提供することができます。

特徴7

ロスベルガーテントとヒュッテやビアテーブル&ベンチとの組み合わせでビアガーデンやグルメイベント等、様々なイベントをすることが出来ます。

ヒュッテとの組み合わせ1

ヒュッテとの組み合わせ2

ビアテーブル&ベンチとの組み合わせ1

ビアテーブル&ベンチとの組み合わせ2

PAGE TOP