幕・バナーの風対策!

こんにちは!
いつもご愛顧いただきましてありがとうございます!最近、流行りに乗ってタピオカミルクティーを10km先のイオンまで買いに行った製作部のA です。

最近、異常気象が多いですね。。。。
以前は東北には台風が上陸することは殆どありませんでしたが、最近はちゃんと岩手まで台風がやってくるようになりました。 本当に困りますね。
それに伴い、風に強い幕やバナーの依頼も多くなりました。

安全対策上、基本的には台風や天候が悪い日は、横断幕・懸垂幕・バナーは掲げないで頂きたいです。( 破れてしまう可能性がある為)

ですが事情により、風の強い場所でも幕を設置しなければならない時があるかと思います。
そんなお客様の為に、通常の幕の仕様より風に強い生地・加工方法がありますので、今回はそちらをご紹介します!

①メッシュターポリン生地を使う

細かいメッシュ状の穴が開いたターポリン生地になります。
この穴から風が通り、風からの圧力を軽減します。

②風穴加工を追加する

幕の本体に風穴という、切込みを入れます。
この穴から風を通すことにより、大幅に幕への風の圧力を軽減します。

風が強い地域・海風が強い沿岸地域・台風や天候が悪い季節の幕やバナーのご依頼は、
①メッシュターポリン
②風穴加工
でご指定・ご相談下さい!お待ちしております!!

お問い合わせはこちらからどうぞ

関連記事

  1. ロープケース

最近の記事

  1. ロープケース
PAGE TOP